2018.11.16家事代行 , 家事全般 , 料理代行

家事代行サービスの選べるプラン「スポット」と「定期」の上手な使い方をご紹介!

Pocket

以前、家事代行サービスには選べるプランが大きく分けて「スポット」と「定期」の2つの利用方法があるとご紹介しました。
一回きりの単発で依頼する「スポット」と、毎週や隔週などで定期的に依頼する「定期」の2つです。
では一体どちらが自分に合っているのか?それぞれの利用方法や選び方を紹介していきます。

cdd647aaf5d1f544fdf721a0729bfacc_s

【家事代行サービスの選べるプラン「スポット」と「定期」の上手な使い方をご紹介! 目次】

 

家事代行サービスの利用方法の選び方

利用方法を選ぶ際は、まず家を常にどんな風にしておきたいかを決めておきましょう。
では次に、その状態を何日維持できるかを考えます。
ストレスに感じる前を目安に周期を決め、依頼方法を決めましょう。
先程の目安を基に「スポット」と「定期」どちらで利用するかを決めましょう。
次に、「スポット」と「定期」のおすすめの利用方法をご紹介していきます。

 

家事代行サービス「スポット」

6691cf7d1923d8fe8e2365d6ebcb7a80_s

来客時やイベント、年末の大掃除、旅行から帰宅前の不在宅の掃除、別荘利用前、利用後、ゲストハウス、衣替えの時期などの際に利用したり、定期利用と同時に利用したりするのがオススメです。また、「スポット」には下記の様なメリット・デメリットがあります。

家事代行サービス「スポット」のメリット

  • 依頼したいときだけ利用可能
  • 色々なサービスを試すことが可能

家事代行サービス「スポット」のデメリット

  • 1回あたりの単価は高め
  • スタッフの固定はできない
  • 在宅時のみ

家事代行サービス「定期」

大掃除の効率的な手順とコツ

毎日家事代行を利用する方も居ますが、おすすめの頻度は下記のとおりです。

  • 1位:1週間に1度2~3時間
  • 2位:2週間に1度3~4時間
  • 3位:1ヶ月に1度4~5時間

上記の他に定期と並行してスポットを依頼する利用方法もあります。

家事代行サービス「スポット」のメリット

  • 一回あたりの単価は安め
  • 毎回同じスタッフに担当してもらえる
  • 鍵を預けられる
  • 依頼したいときだけ利用できる

家事代行サービス「スポット」のデメリット

  • 月額定額で費用がかかる
  • 1社の利用が前提となる

家事代行サービスの選べるプラン「スポット」と「定期」のメリット・デメリット

4f55f6b2a71981ff8e653e5777f4410c_s

上記で紹介した、メリット・デメリットをまとめると、スポットの場合は、1回あたりの単価は定期と比較すると少し高めに設定されているケースが多いですが、必要なときだけ頼むことができるため、使いやすいサービスです。

一方の定期の場合には、スポットで依頼をするより1回あたりの単価は安くなるものの、毎月必ず定額で費用が発生する点はデメリットでもあります。

以上を踏まえて自分に合った家事代行のプランを選びましょう。

 

家事代行サービスの選べるプラン「スポット」と「定期」の上手な使い方をご紹介!まとめ

c320a5b8bb05539902a5616560346bed_s

自分ではなかなか気づきにくいですが、家も年を取ります。
たとえ見た目は綺麗でも、触ってみるとザラザラすることもありますよね。
そのザラザラは、ほこりや汚れが落とし切れていないということです。
落とし切れていない汚れを見て見ぬふりをすると汚れやすくなってしまいます。
特に水回りはやっかいな箇所が多いです。お風呂の汚れは入浴時には湯気でわかりにくいですが、乾いてみると大変なことになっている経験はございませんか?そのような汚れが臭いの原因になることも多々あります。
鏡も水垢のせいで映らなくなりやすいです。最近流行っている横長の壁一面の鏡もせっかくのカッコイイデザインも台無しになります。
お風呂上りに乾拭きか、スクイザーで水分をとるべきですが、面倒でなかなかやれないですよね。
やらない、やることができないのなら、家事代行に依頼してみてはいかがでしょうか。
汚れ、ほこりやストレスは絶対に溜めないでくださいね。溜めていいのは、お金だけで十分です。
以上を参考に、自分に合った家事代行の利用方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家事代行・お掃除代行についてお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら