2016.01.06家事代行

子供の送り迎えや食事の準備もおまかせ!家事代行でベビーシッター・キッズシッターを利用するメリット

Pocket

家事代行でベビーシッター
近年、ベビーシッターやキッズシッターを利用する家庭が増えてきています。それは、共働きの家庭が多い反面、保育園の待機児童問題が改善されない状況が続いていることが大きな要因です。しかし、人気の理由はそれだけではありません。ベビーシッターやキッズシッターのサービス内容に高い価値を感じて利用している家庭が多いようです。
そこで今回は、家事代行でベビーシッターやキッズシッターを利用するメリットをまとめてみました。事情があってお子さんをシッターに預けたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ベビーシッター・キッズシッターの内容とは?

ベビーシッターやキッズシッターは、自宅に保育のプロを呼んで子どもの世話をしてもらう家事代行サービスです。毎週何曜日の何時から何時まで、と定期的に利用するコースもあれば、単発でその都度必要な時に利用できるコースもあります。サービス内容は家事代行業者によって異なりますが、基本的には子どもの身の回りの世話や家事を代行してくれるのが一般的です。

【ベビーシッター・キッズシッターを利用するメリットその1】いざという時に安心して頼める

いざという時に安心ベビーシッターやキッズシッターは、忙しい家庭には心強い家事代行サービスです。
急な用事ができて子どもの面倒を見ることができない場合も、安心して依頼できます。また、普段は保育園に通っているけれど急な発熱で預けられない、といった場合でも利用できるので便利です。保育園は通常、37.5度以上の熱がある場合は登園できませんが、ベビーシッターやキッズシッターであれば熱があっても預けられます。共働きの家庭にとっては、仕事を休みづらい時には特に助かるサービスです。

【ベビーシッター・キッズシッターを利用するメリットその2】自宅での保育が子どもの安心に繋がる

保育園など外部の託児所に預ける場合、他の子どもと交流できる、集団生活に慣れることができる、といったメリットがあります。しかし、子どもの性格や月齢によっては、外部の託児所での生活がストレスとなってしまう場合もあります。
その点、自宅でベビーシッターやキッズシッターに世話をしてもらうことができれば、子どもはリラックスした状態で保育者と過ごせます。保育のプロが絵本の読み聞かせや工作、おりがみ遊びなど工夫を凝らして遊んでくれるため、子どもはよりよい環境の中でのびのびと過ごせます。希望すれば、公園など屋外に連れて行って遊ぶなど、他の子どもたちと交流することもできます。

【ベビーシッター・キッズシッターを利用するメリットその3】送り迎えや食事の準備もお願いできる

送り迎えや食事の準備子どもの習い事への送迎も、希望すれば対応してもらうことが可能です。また、日中は保育園に通い、降所後はベビーシッターやキッズシッターに自宅まで送ってもらって、そのまま自宅で親が帰宅するまで世話してもらうことも可能です。
さらに、食事の準備をお願いできる場合もあります。仕事から疲れて帰ってきて、食事を作ることが難しい場合でも、ベビーシッターやキッズシッターに依頼しておけば安心です。

おわりに

今回は、ベビーシッター・キッズシッターの具体的なサービス内容や、ベビーシッターやキッズシッターを利用するメリットをご紹介しました。
保育園と比較すると料金は割高になりますが、その分融通が利くため、忙しい共働きの家庭には最適なサービスであるといえるでしょう。気になる方は、無料の見積もり依頼をしてみることをおすすめします。まずは単発で利用してみて、ライフスタイルに合ったら定期利用するのも一つの手です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家事代行・お掃除代行についてお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら