2018.11.20家事代行 , 料理代行

家事代行、料理代行|料理代行を依頼する時の不安点

Pocket

1ebe1d336c7cbf9d58974fb697cc8561_s
料理代行サービス、また料理代行サービスを初めてだけど私も利用してみようかな…?
と検討中の方も居ると思います。

しかしこの様に始めて何かのサービスを利用する場合は、お金の出費も伴いますし、やはりそういった多かれ少なかれ利用までの不安点があると思います。

例えばどんなスタッフが来るんだろう?
どういうお仕事をしてくれてちゃんと要望通りにうまくできるだろうか?
など、そういった不安点への対応策などを本日は私なりにご紹介したいと思いますので、料理代行、家事代行サービスを検討中の皆さんの参考になれば幸いです…♪

そもそもどういう流れで家政婦を依頼するのか?

これは業者によって若干の手順の異なりはあります。
例えばライフサービスいうと家事代行業者であれば、ホームページの中に料理代行サービスという項目がありますのでそこをクリックします。

※このブログページの1番下にも掲載してありますので、是非後でご覧下さい。

サイト内にサービス内容の紹介などが簡単に記載されておりますのでその内容に納得いただければ、後は申し込みまでに誘導するためのページに行けるバナーボタンなどがあります。

事前にお問い合わせしたい場合は、お問い合わせ用のフォームもありますのでそこから不明点を送信すれば、近日中に相手側のスタッフからメールの返信、または電話が返ってくる…という流れになっています。

後は連絡をくれたスタッフが申し込みまでの説明も行ってくれますので安心ですね。

業者選びはレビューを参考にする事も

スマホでメール登録

業者選びは口コミを参考にしてみるのも良いかもしれません。

ネットで検索すれば色々な業者から様々な口コミが投稿されています。
この業績で満足した、よかった、スタッフにこんな対応してくれてされた…というお客様の声を見てみると、業者選びのある程度の参考にもなると思います。

ちなみに利用したお客さんが「満足した、良かった」という好評価を書いている形には、ある共通点があります。

それは、家政婦に具体的にどういう仕事をしてもらいたい、という目標がしっかり決まっているというポイントが挙げられます。

なので、これから初めて依頼する場合には、自分がお手伝いさんにどういう仕事を家でやってもらいたいのか、そして家政婦が家から出て帰る時には家がどういう状態になっているのが理想的か、というビジョンを前もって決めておくといいかもしれません。

そしてその要望に合うような口コミが書かれているところを業者として選ぶ、もしくはサイト内に既にそういうサービスで紹介されているそういったところの家事代行業者を選ぶのがいいかもしれませんね。

まとめ

防犯対策を徹底
この様に、どんな人が料理代行の家政婦で来るのだろう…?という不安点もあると思います。

ですが相手もお客さんからお金を頂き仕事をするプロなので、業者側もどこの誰かもよくわからない人物をあなたの家に派遣する…なんてことは流石に無いと思います。

きちんと仕事を始める前に正規の訓練を受け 一般常識を身につけた 精鋭スタッフが家政婦としてあなたの家に訪問しあなたが口にする料理を安全に作っていくという流れになります

勿論100%満足出来て便利だったかはご利用頂いたお客さんと担当したスタッフの人間的な相性も影響してくると思います。

ですが、もし仕事に不満がある場合、もっとこうしてほしいという要望が家政婦さんにあるときにはちゃんと申し出れば相手もある程度の対応はしてくれる業者がほとんどです。

初めて家事代行を依頼するときのメリットとデメリットをいくつか挙げますと、まずメリットはお金を払えば家事から解放される事、そのぶん自分がやりたかったことに時間を回せる事ですね。

例えば家族がいる場合は、週末は家事代行業者に炊事や料理は任せ、自分たちはのんびりと家族の団欒の時間を楽しめるメリットがあります。

逆にデメリットですが、やはりお金がかかってしまう事です。
そしてもう一つが、初めて依頼するという状況に伴い不安や抵抗感、若干の恐怖心があるという点だと思います。

なので総合的に考えると、一番のデメリットは初めてだから不安だということになりますので、もし家事代行のサービスが気に入った場合は 2回目以降からは大してデメリットがない、利用者にはメリットしかないという状態が待っているわけなのです。

おすすめの業者はやはりライフワーク、一度勇気を出して依頼してみるのもいいかもしれません。
家事に料理に日々の時間と体力と精神的を奪われていた今後の人生がきっと余裕で潤うと思いますよ♪

また利用に当たっての細かい節約術として、あらかじめ”自分でできる範囲の家事は済ませておく”それから家政婦に来てもらうという方法があります。

例えば流し場に溜った洗いものはきちんと片づけておく、足りなそうな食材は事前に買っておく…などが良いでしょう。

もちろん相手は全ての家事を心得ているプロなので、お願いすれば追加料金などでほぼ全ての家事をやってもらえるでしょう。
ただそのぶん家政婦の契約していた訪問時間が消費されますので、ある程度自分でできる範囲の家事は前もって行っておくという方法が経済的にお得かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家事代行・お掃除代行についてお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら