2019.03.09家事代行 , 家事全般 , 料理代行

家事代行、料理代行|”意外な食材の組み合わせ”でいつもの料理をより美味しく

Pocket

料理する家政婦
料理や生で食べる食材の中には、意外な食材同士を組み合わせることで味が引き立てられるというのはよくあります。

有名な所だと”スイカに塩”だったり、今回はそのような手軽に組み合わせられるけど、そんな組み合わせで本当に美味しいの…!?というテクニックをいくつかご紹介したいと思います。

シュウマイに”中農ソース”

点心でお馴染の“シュウマイ”、近所のスーパーでもお手軽に手に入りますが、特に横浜などの中華街で食べる物は美味しさも別格ですね。

皆さんは”シュウマイ”には何をつけて食べますか?

一般的には醤油、もしくはからしといったものがありますが、一部の関東在住の世代からは”ソース”をつけて食べていたという話も聞きます。

特に中華料理と相性が良い“中濃ソース”が美味しいらしく、そもそも発祥としては、関東の方で商店街の肉屋でもシュウマイを作って売り始める地域があったそうです。

肉屋では”コロッケ”なども販売しているため、それに合わせて”シュウマイもソースで食べるお総菜”という食文化がそこから出回ったと言われています。

蕎麦にニシンの甘露煮

蕎麦のトッピングにも色々と具がありますが、“ニシンの甘露煮”は食べた人にしか解らない美味しさがある隠れメニューです。

簡単にレシピを紹介しますと、
普通の温かいかけそばの上に、ニシンの甘露煮にして上からきざみネギをトッピングすれば出来上がりです。

食べた事が無い人には「蕎麦に焼き魚…!?」という違和感がありますが、これが食べてみるととても美味しく蕎麦と汁にとてもよく合い、京都でも”にしん蕎麦”として愛されているそうです。

ニシンは骨頭がついたままと食べにくいのでなるべく骨を取り3枚におろした状態で調理したものがおすすめです。

ポテトサラダにシーチキン

“ポテトサラダ”と言えば一般的には潰したじゃがいもに、刻んだ人参などの野菜を入れますが、この時“ツナ缶のツナ”を入れても美味しいです。

作り方は油をある程度切ってから、一般的なポテトサラダのレシピの様につぶしたじゃがいもと一緒にツナやその他の具材を混ぜ、最後にマヨネーズ、コショウ、塩等で味を整えればOKです。

それ以外にも、
玉ねぎとマヨネーズとツナをあえてコショウで味付けしたものも美味しいおつまみになります。

鍋のスープに合う意外な組み合わせ

調味料
最近ではスーパーで”鍋キューブ”など手軽に鍋のスープを作るための調味料が売られていますが、ここではちょっと変わった”鍋の味付けのスープ”をご紹介します。


用意するものは
味噌
生クリーム
…です。

鍋でお湯を沸かし、いりこやあごだし等で出汁をとったあと味噌をとき、生クリームを少量入れると通常の味噌だけの鍋より味がまろやかになりあす。

特に”牡蠣鍋”などの魚介類の鍋に相性バッチリの美味しい鍋のスープで、それ以外にも豆腐、ねぎ、春菊といった一般的な具を入れても美味しいです♪

実は生クリームというのは、ケーキやパフェの上に乗せるだけではなく、このように”味付けをまろやかに出来る”という役割もあります。

例えばご家庭で“カレーうどんや味噌汁”を作る時にも、少量生クリームを加えてあげると味がまろやかになりますので、是非ご家庭に生クリームが余ってる時には試しにやってみてください。

ロールキャベツを巻く”かんぴょう”がないときの代用品

お店で売られている”ロールキャベツ”にはよくかんぴょうが巻かれていますが、実際にご家庭で作る場合、母からそう教わった場合や、よほど几帳面な人じゃないとかんぴょうで巻くという人ってあまり居ないのではないでしょうか?

そういう時におすすめなのが、爪楊枝ではなく“パスタ”です。

これはロールキャベツを煮込む時にばらけないようにするために、爪楊枝と違ってパスタだと一緒に食べることができるため、小さいお子様でも安全に食べることができます。

またまた余談ですが、同じ乾麺でもうどん、そば、棒ラーメンといったものは折れやすいのでお勧めできません。

パスタが一番硬くて丈夫なので、もしご家庭にかんぴょうも爪楊枝もないと言った時には”パスタが利用できる”というのも覚えておきましょう。

キャベツではなくレタスで作るロールレタス

せっかくロールキャベツのお話を書いたのでその繋がりでもう1品ご紹介…。

ロールキャベツの代わりに”レタス”を巻いても美味しい料理になります。

用意するものは
レタス
ツナ、または刻んだチャーシュー
です。

レシピですが、

  1. レタスを必要分葉をちぎって”熱湯”をかけます。
  2. そしてあらかじめ用意しておいた
    ツナや刻んだチャーシューなどの
    “火を通さなくていい、レタスに巻いて美味そうな肉的な具材”
    を巻いたら出来上がりです。

キャベツと違って歯ざわりがとても柔らかく、食べやすいのがポイントです。

応用レシピとして、上記でご紹介した”ツナポテトサラダ”なんかを具にして巻いても美味しいかもしれませんね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家事代行・お掃除代行についてお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら