2019.03.11家事代行 , 家事全般 , 掃除代行

家事代行、料理代行|家で作ればひと味違う!?”B級グルメ”あれこれ

Pocket

フライパンにあるキッチン
“B級グルメ”といえば数十年前から流行り始めた造語で、いわゆるフランス料理などの”高級でちょっと敷居が高い料理”に比べて、比較的安価で食べられる外食の総称とでもいいましょうか。

例えば日本食なら牛丼、それ以外にもハンバーガー、パスタ、ラーメンなど、そういったものが挙げられると思います。

更にB級グルメの面白い点は、各チェーン店毎に同じメニューでも味が違うというところだと思います。

例えば”牛丼”ひとつとっても”吉野家、すき屋、松屋”…と、色々とお店がありますが味付けも各店舗によって個性があったりすると思います。

本日はそういう “B級グルメ”のメニューを家庭で簡単に、もっとエコノミーに作ってみよう、というテーマで話したいと思います。

牛丼の簡単に作るなら”めんつゆ”

タイトル通りです(笑)
フライパンとめんつゆがあれば牛丼の具を作るのにも失敗しません。

用意するものは

牛肉(バラでもロースでもOK)
玉ねぎ
サラダ油
めんつゆ
砂糖
です。

  1. まずフライパンで牛肉と玉ねぎを炒めます。
  2. そこにめんつゆと砂糖で味を整えて、軽くに詰めればそれだけで牛丼の具が出来上がります。

吉野家のように”牛皿”として酒のつまみとしても美味しいです♪

家庭だから許される!?ペペロンチーノに”海苔”

ペペロンチーノ
パスタ料理の定番でもある”ペペロンチーノ”といえば、アーリオオーリオというくらいで、一般的には”オリーブオイル、ニンニク、鷹の爪”だけで作りますが、日本特有の食材の“海苔”を加えてみると味わいが一風変わって美味しくなります。

作り方としては
フライパンを温め、オリーブオイルを入れた後ニンニクを焦がさないように入れますが 、この後麺を入れる前に”パスタの茹で汁”を少し加えて”乳化”させるのが本場の作り方…とも言われています。

その際に茹で汁を“少し多め”にし、海苔をちぎって入れておくと”磯部風味”のペペロンチーノを楽しめると言う、一部の熱狂的なペペロンチーノレシピにストイックな方達は眉をひそめそうな作り方ですが、ニンニクとオリーブオイル鷹の爪に”海苔の風味”が絶妙に絡み合い、食欲をそそる美味しいパスタになりますので是非お試しください♪

美味しくダイエット、パスタやラーメンの代わりに”しらたき”

ラーメン
せっかくパスタのお話を書いたのでついでに(笑)

しらたきを”パスタや麺の代わり”に使って食べる、というダイエット法は有名ですが、実際に食べてみた方はご存知ですが、やはり小麦粉の麺に比べると「味が物足りない」と感じる方も多いようです。

しらたきは”こんにゃく特有の臭み”があって苦手と、そういう意見も聞きます、そこで「しらたきの味わいを少し引き上げ、なおかつ臭みを一段階なくす」そういった下ごしらえの方法をご紹介します♪

それはパスタや麺として調理する前に、一度しらたきをよく水洗いして”フライパンで乾煎りする”のがポイントだそうです。

後はスパゲティのミートソースなら、上から市販のミートソースをかければ出来上がり、ペペロンチーノだったら上に上げたレシピの様に作って最後に海苔かチキンコンソメを加えてちょっと 下味をつけて味わいを良くしたり…。

“ラーメン”として食べる場合もあらかじめ具とスープを作っておいて、しらたきをフライパンで逝って後はラーメンの様に作ればOKです。

ちなみにもっとシンプルな”しらたき料理”の調理法は、フライパンに”ごま油”で適当な野菜を炒め、上記に様に下ごしらえしたしらたきを入れめんつゆで味付けをすれば、簡単に美味しいしらたき麺を味わうことができます。

お好み焼きに”天ぷら粉”

家庭で”お好み焼き”を作る時には、小麦粉だったり専用のお好み焼き粉なんかもスーパーでよく売られていますが、いまいち”サクサクの食感”が足りない、ふわふわした物よりサクサクのお好み焼きが好きなんだ…!!という時には”天ぷら粉”がおすすめです。

天ぷら粉を水と卵で溶き、その中にお好み焼きに入れる具材を刻んで入れ、後はいつものようにホットプレート等で油を引いて焼けばOKです。

これで小麦粉などより”サクサクした食感”のお好み焼きを楽しむことができます。

実は、天ぷら粉というのは天ぷら以外にも意外な使い道がこのようにあり、例えばご家庭で”クッキー”を焼く時にも小麦粉と天ぷら粉を半々の割合で焼くと、小麦粉だけのクッキーよりもサクサクした食感に仕上げることもできます。

じゃがいもより美味しいかも!?”さつまいも”でフライドポテト

“フライドポテト”と言えばハンバーガーショップでも有名なくらい”じゃがいも”が定番ですが、実は“さつまいも”で揚げても美味しく食べられます。

レシピをざっくりと説明しますと

  1. まずさつまいもを一般的なフライドポテトで食べるぐらいのサイズに細切りにします。
  2. そしてここが重要なポイントなのですが”30分水に浸します”。
  3. そうしてデンプンを余計なデンプンを取り 水気をよく切ってから後はいつものフライドポテトのように180度くらいの油で揚げれば出来上がりです。

ちなみにケチャップをつけて食べてもおいしいですが、もっとおすすめなのが“溶かしたバター”です。

こうして揚げたポテトに塩を振っておいて、バターをつけて食べるととても美味しくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家事代行・お掃除代行についてお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら