2019.02.07家事代行 , 家事全般 , 料理代行

料理代行|鍋やフライパンで作れる外国の人気メニュー

Pocket

調理中の女性
「和・洋・中」という言葉があるくらいで、料理ひとつとっても世界で色々な食文化の元に世界各国に様々な料理が存在します。

そんな中で“フライパンや鍋で手軽に作れる”、そういった世界各国の有名な美味しい料理を簡単に作れるレシピ、今回はそういったテーマでお話ししたいと思います。

ソース味”ジャーマンポテト”

まずはビールのお供にも最高な“ジャーマンポテト”の、ちょっと美味しい作り方です。

ジャーマンポテトといえば、ベーコンやじゃがいもを塩やこしょうとバターでシンプルに炒めたものが一般的ですが、こちらは東京都内のとあるお店で実際にやっている方法を元にしたちょっとアレンジ風のジャーマンポテトです。

そのレシピをご紹介します…。
用意するものは
じゃがいも(できれば新じゃがが美味しいです)
玉ねぎ
ベーコン
バター
そして”中濃ソース”です。

  1. フライパンで玉ねぎとベーコンをバターでよく炒めます。
  2. に電子レンジで温めておいたじゃがいもを入れます
  3. 最後に火を止め、味付けで中濃ソースで入れて出来上がりです

基本的にどのソースでも美味しいですが、
特におすすめは”ブルドッグ”のメーカーのソースです。

ソースの風味が香ばしい一風変わったジャーマンポテトが出来上がり美味しいです、ぜひお試しください♪

韓国の変わり種鍋”プデチゲ”

“チゲ鍋”といえば一般的にはキムチのスープの中に豚肉や豆腐、そしてキムチなどと野菜を入れて煮込むのが一般的ですが、地元の韓国では“プデチゲ鍋”と言うちょっと変わった鍋がありますのでレシピをご紹介します。

用意する物は
キムチ
キムチ鍋の元
白菜、人参などの鍋に合いそうな野菜
そして…
ハム
ソーセージ
スパム
ベーコン
即席ラーメン
です。

作り方は一般的な鍋と同じで
キムチ鍋の元を鍋に入れ、にんじん等の根菜類、火の通りにくい具を入れておいて、沸騰したら残りの具を入れればOKです。

昔、韓国の軍隊がよその国の基地で遠征をしていた時に、チゲ鍋を食べたくなった際、たまたま”スパムやハム”といった米軍から支給された食料があったので、試しにこれをキムチチゲに入れてみたらとても美味しかったという話があり、この様に本来ならチゲ鍋には入れないような具材を入れて食べたのが”プデチゲ鍋”の始まりなのだそうです。

このように本来のキムチチゲと比べて割とラフな食べ方をするのがチゲ鍋プデチゲ鍋の特徴です。

日本でも”カレーやラーメン”のように、本来元々あった作り方にアレンジを加えたら意外と美味しくなり、その作り方の方が定着したというのはどこの国でも共通してあるようですね。

家庭で”アヒージョ”を作る方法

アヒージョ
“アヒージョ”とは、オリーブオイルとニンニクで具材を煮込む、ファミレス等でもたま~にメニューで見かける”スペイン料理”です。

用意するものは
オリーブオイル
にんにく
玉ねぎ
青唐辛子
牡蠣やエビなど魚介類
です。

ではレシピですが…

  1. まずニンニクと玉ねぎをみじん切りにします。
  2. 次に輪切りにした青唐辛子を入れます。
  3. (青唐辛子を入れると香りが良くなります)

  4. みじん切りにしたにんにく玉ねぎ青唐辛子を、ココットのような鍋で軽く炒めます。
  5. 次にオリーブオイルを適量入れ、ここから牡蠣やエビなどの具材を入れます。
  6. この時エビは 頭がついた”有頭海老”がオススメで、最初に頭をと胴体を切り落としておき、頭を先に煮込んでおくと殻やミソから味が染み出て美味しくなります。

  7. その後で尻尾の方のみを入れますが、ポイントは”あまり煮すぎないこと”です。
  8. 長いことに過ぎると固くなるので、3分程度がお勧めです。

  9. お好みでキノコ、ベーコンを入れ、最後に塩で味を整えたら出来上がりです。

“麻婆豆腐”を作る時少しだけ味わいを良くするコツ

四川料理を代表する“麻婆豆腐”、日本でもスーパーなどで”麻婆豆腐の素”といってソースの部分だけレトルトに入って売っている場合がありますね。

この時、大概別売りの”豆腐”を買って入れますが、この豆腐を冷たいまま入れるのではなく“混ぜる前に一度豆腐を茹でる”と味わいが良くなります。

ポイントとしては鍋で沸騰したお湯に豆腐を入れ、しばらくすると浮いてきますのでそのタイミングで取り出します。

そしてその余ったお湯で麻婆豆腐のレトルトを茹でて、その間に豆腐をさいの目に切っておきます。

レトルトのパッケージの裏に書かれている通りに豆腐を加える方が、豆腐の味わいが良くなるのだそうです。

あとがたり

今回ご紹介したいくつかのメニューのように、一般的に日本の家庭にあるフライパンや鍋でも、意外と世界各国の珍しい料理が作れたりします。

ご家庭で毎日料理を作っている主婦(夫)の方なんかは、日々の食事のレパートリーがワンパターンになりがちな時なんかに、こう海外のちょっと珍しい料理なんかを夕食で出してみると日々の食事の良いアクセントになり、食卓も盛り上がるかもしれませんね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家事代行・お掃除代行についてお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら