2018.12.13シニアサポート , 家事代行 , 家事全般 , 掃除代行

お手伝いさんや家政婦と家事代行の違いは何?

Pocket

お手伝いさん
家事代行サービスの利用を検討している方の中には、家政婦やお手伝いさんとの違いがいまひとつ分からないという方も多いと思います。家政婦やお手伝いさんはサービス利用者に代わって家事を行う点においては、特に違いはないように見えますよね。では、家政婦やお手伝いさんと家事代行サービスにはどのような違いがあるのでしょうか。
今回は、家政婦やお手伝いさんと家事代行の違いについてご紹介します。

お手伝いさんや家政婦と家事代行の雇用形態の違い

お手伝いさん家政婦やお手伝いさんと家事代行の大きな違いは、雇用形態にあります。

家政婦やお手伝いさんに家事を依頼する場合、基本的には家政婦紹介所から紹介された家政婦と利用者が直接雇用契約を結びます。
個人的に契約を結ぶことによって毎回同じ方に業務を依頼することが可能になるため、安心して業務を任せることができます。さらに、家政婦と雇用者との間に信頼関係が築ければ、長期的な契約も望めるでしょう。

しかし、家政婦紹介所ではトラブルや事故に関する責任は負っていません。そのため、家政婦との相性が合わなかったり、物損事故などが起こったりした際には自分で解決する必要があります。

一方、家事代行サービスは運営会社との法人契約になります。直接的に契約を結ばずに済むため、雇用に関するトラブルを回避することが可能です。
また、基本的に運営会社は損害保険に加入しているため、万が一トラブルが発生した場合であっても、運営会社が保証してくれます。

お手伝いさんや家政婦と家事代行のサービス内容の違い

家政婦やお手伝いさんと家事代行サービスの違いは雇用形態だけでなく、サービス内容にもあります。では、一見同じように見えるサービス内容には、どのような違いがあるのでしょうか。

家政婦やお手伝いさんも家事代行サービスも、基本的には掃除や料理、洗濯などの家事全般をお願いすることができます。しかし、家政婦やお手伝いさんは個人で雇用契約を結んでいるため、サービス内容に関してはお互いの同意の上で決定します。
家事以外の業務にも臨機応変に対応してくれるメリットがある一方で、人によっては業務の得意不得意がある場合もあるため注意が必要です。

一方、家事代行サービスの場合は、あらゆるニーズに対応したプランを自由に組み立てることが可能です。例えば、料理のみの依頼や、料理と掃除を組み合わせたプランなど、ライフスタイルに合わせて家事代行を依頼することができます。

また、対応しているサービス内容の範囲も幅広く、その内容はペットのお世話や留守番管理サービス、お墓参りの代行などさまざまです。状況に合わせて家事の代行を依頼すれば、生活の負担を軽減させることができるでしょう。

お手伝いさんや家政婦と家事代行の支払い費用の違い

お手伝いさん家政婦やお手伝いさんと家事代行サービスは、支払う費用の計算方法も異なります。

基本的に、家政婦やお手伝いさんは日給制になります。費用が時間に左右されることがないため、継続的に業務を依頼したい方にはおすすめです。しかし、1日に行う業務が少ない場合であっても、同じ料金を支払わなければならないことも頭に入れておきましょう。

一方、家事代行サービスの多くは時給制になります。
必要な作業をピンポイントで行ってもらいたい方や、スポットで依頼したい方などには嬉しい料金形態といえるでしょう。希望の時間内での業務を依頼することが可能なため、気軽に利用することができます。

おわりに

今回は、家政婦やお手伝いさんと家事代行サービスの違いについてご紹介しました。一見、同じように見える家政婦と家事代行サービスは、契約方法やサービス内容、費用など、さまざまな点で違いがあります。
ライフスタイルなどによって各家庭に合うものは異なるため、実際に業務を依頼する前には、必ず両者の違いについて理解しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家事代行・お掃除代行についてお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら