2016.01.05家事代行

トラブルに合わないために知っておきたい家政婦やお手伝いさん・家事代行サービスの選び方と注意点

Pocket

トラブルに合わないため
「仕事や家事、育児が忙しく、なかなか自分の時間を持つことができない」と、日々ストレスを感じている女性は多いのではないでしょうか。そのような時は、家政婦などの家事代行サービスを利用するとよいでしょう。一昔前までは、そういった業者を利用する家庭=大富豪というイメージがありました。しかし、最近ではリーズナブルで気軽に利用できるサービスが多くなり、利用者も増えてきています。
ただし、家事の仕上がりやプライバシーに関わることなどで、トラブルに発展するケースも中にはあるようです。そうならないためには、業者の選び方やサービス利用の際に注意すべき点を事前に知っておく必要があります。
ここでは、家事代行サービスを利用する際に知っておきたい知識をご紹介します。

【ポイント1】業者選びは慎重に

業者選びは慎重にたくさんある家事代行サービス業者の中から1つの業者に絞るのは、なかなか難しいことです。しかし、この業者選びこそが大変重要なため、下調べをしっかりして慎重に決めましょう。

まずは、公式サイトなどでサービス内容をチェックします。各業者によって細かい内容が異なるため、自分が希望する家事とマッチする業者を見つけましょう。また、基本およびオプションのサービス内容を、それぞれきちんと把握しておくことも大切です。
例えば、簡単な料理も基本料金に含まれていると思って依頼したら、実際はオプションサービスだったため追加料金が発生してしまった、というようなケースはよく見られます。あらかじめ基本サービス内容を把握しておけば、このようなトラブルを未然に防げます。

いくつか気になる業者をピックアップしたら、利用者の口コミなど体験談をチェックするのがおすすめです。業者の公式サイトだけではわからない長所や短所を知ることができるほか、サービス内容を具体的にイメージでき、自分に合った業者を選びやすくなります。

また、実際に家事代行サービス業者に問い合わせをしてみることも1つの手です。その際には、業者の接客態度に注目しましょう。親身な姿勢で丁寧に案内してくれるところは信頼できますが、大雑把な説明やぞんざいな対応をする業者は要注意です。家事代行サービスは信頼関係が非常に大切なため、問い合わせの段階でしっかりと見極める必要があります。

【ポイント2】防犯対策を徹底する

防犯対策を徹底知らない人を家に招いて家事をお願いするわけですから、防犯対策は事前にきちんと行いましょう。
貴重品類は目の届かない場所にしまっておいたり、鍵付き金庫などに入れたりしておくと安心です。トラブル無く家政婦とよりよい関係をキープしていくためには、防犯対策を徹底することが実は大きなポイントなのです。

【ポイント3】要望は事前にしっかりと伝えておく

家事のやり方は、家庭ごとにそれぞれ異なります。洗濯物のたたみ方や掃除の仕方、食事に関する注意点など、何か要望がある場合にはあらかじめ伝えましょう。また、実際に家事を代行してもらって、どうしても気になることや今後改善してほしい点があったら、早めに業者に相談を。もし我慢をしてそのまま契約を続けているとストレスがたまり、サービスを利用する意味がなくなってしまいます。大きなトラブルを未然に防ぐためにも、遠慮せずに伝えましょう。

おわりに

今回は、トラブルに合わないために知っておくべき、家事代行サービスの選び方と注意点をご紹介しました。
家事代行サービスを利用すると、多忙な生活に余裕が生まれて快適に過ごせるメリットがあります。しかしトラブルが発生すると、かえって大きなストレスとなってしまいます。せっかくの便利なサービスですから、ここであげた注意点を踏まえながら上手に利用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家事代行・お掃除代行についてお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら